長野市赤沼のアップルラインにある日本一を目指す葉とらずりんごの直売農園「フルプロ農園」

フルプロ農園へようこそ。
信州長野で大事に育てたおいしいりんごをたくさんのお客様へお届けできるよう、今日も笑顔を忘れず栽培しています。葉とらずりんごの直売、家庭用、贈答品用、お気軽にお電話、メールください。

よくある質問

旬の時期はいつですか?
品種によってそれぞれ違います。時期の早いもので7月中旬頃〜、一番時期が遅く長持ちするサンふじは3月頃まで販売しています。
品種ごとの時期についてはこちらの表をご確認ください。
各品種の出荷時期
美味しいりんごの見分け方は?
お尻の部分が黄色っぽくなっていること。
重みがしっかりあるもの。
皮がツルツルしているものよりザラザラ、デコボコしている方を選ぶ。
フルプロはプロが選別しているので美味しいりんごを選んでお届けいたします。
皮ごと食べれるの?
限りなく減農薬に努めておりますので、水でささっとあっていただければ皮ごと美味しく召し上がれます。
皮と実の間に栄養が詰まっているので皮ごと食べることをオススメします。
減農薬栽培をしていますか?
フルプロでは、面積当たりで定められている通常の量の約1/3まで減農薬に努めております。
注文してからどのくらいで届きますか?
ご注文日から3営業日以内での発送となります。(日曜は休業日です。)
梱包方法はどのようなものですか?
等級ごとに梱包方法が異なります。(荷姿はりんご予約フォームをご覧ください。)
等級A(贈答用):モールド(型付きの緩衝材)
等級B(家庭用):フルーツキャップ
等級C(訳あり)、D(小玉)、E(お菓子用):バラ詰め
必ず蜜が入っていますか?
りんごの品種によって、完熟すると蜜が入るものと、完熟しても蜜が入らないものとがございます。

・蜜が入りやすい品種:
サンふじ、あいかの香り、ぐんま名月など
・蜜が入りにくい品種:
つがる、秋映、シナノスイート、シナノゴールド、王林など

「蜜がない=甘くない」わけではありません。蜜が入るかどうかは、糖分がソルビトール化して実と分化したものですので、実の中に糖分が吸収されている場合には、糖度が高くても蜜がないりんごになります。

当農園では、収穫したてのサンふじを、蜜入りのものと蜜なしのものに選別(選果)し、蜜のないものは蜜なし(製菓用)として販売しています。

蜜は糖分であり、水分の一部ですので、収穫されてから時間が経つにつれて、りんご自体の呼吸による糖分の消化や、水分の放出によって、やがて(冬場の常温(5-10度)に置いた場合、約1ヶ月ほどで)消滅してしまいます。

りんごの実は、雪に覆われたり凍ったりすると腐敗してしまうため、長野県では毎年、積雪・降雪前(12月半ば〜年末年始まで)に収穫してしまわなければなりません。その後の鮮度は、りんごの保存状態によって決まると言えるでしょう。

理想的な保存温度は1-2度ですが、ご家庭で保存される場合には、なるべく低い温度(冷蔵庫の野菜室など)での保管をお勧めします。(※その場合には、りんごから出るエチレンガスによって他の野菜や果物の成熟が早まってしまうため、りんごを個別に密封するなどしてご対応下さいませ。)

ギフト対応(のしなど)にできますか?
フルプロでは、りんごの箱の中にのしをお入れすることができます(内のし)。
大口で仕入れられますか?
業者様など、大口でのご注文にも対応いたします。お電話、Fax、メールなどでお問い合わせくださいませ。

トップへ戻る