フルプロニュース

長野に滞在体験!ワーホリ@ながのの魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

普段は道端に落ちているペットボトルを拾って、
それを用いたペットボトルロケットの作成に明け暮れ、
いつの日かりんご農家初の大気圏外進出を目指すために
日々ペットボトルロケットのアップデートを主業務としてます。

沼澤です。

突然すみません。

日々の空虚なルーチンワーク、
打ち解けられない会社の同僚たち、
空が狭く感じるコンクリートジャングル。

そんな日常を過ごしていると
一度は頭をよぎるんじゃないでしょうか?

「田舎に住みたい」

かく言う僕も

『いつの日か森に住みたい』
という気持ちが強すぎて
東京から無一文で長野に来ました。

到着初日に凍死しかけました。

とはいえ旅行気分で行くのと、
実際に住んでみたらどうなるかでは
見るべきところが違います。

それに何よりも、

そう、旅行気分で行くにしてもお金は必要不可欠。
一定期間住む場所も必要ですし、食費も馬鹿になりません。

また住めるかどうかや、
その土地に住んでいる人たちが
どんな人たちなのかというのは、
どうやって知ればいいかわからないのです。

そんな悩める都会生まれ都会育ち
悪そうな奴だいたい友達のみなさんに
ご紹介したいプログラムがあります。

ワーホリ@ながのです。

ワーホリ@ながのとは?

ワーホリ@ながのとは、長野市内にある企業や農園、小売店で短期間だけお仕事体験しに行くという、長野市が推し進めるプロジェクトなのです。

お仕事体験ですが、ちゃんとバイト代も出るので
観光 & 生活体験 といったプログラムです。

選択するお仕事の場所によって
長野にいる間住む場所は変わりますが、
なんと宿泊費無料!

フルプロ農園代表の徳永虎千代が設立したアップルライン復興プロジェクトワーホリ@ながののお仕事体験受け入れ先として掲載をしています。

今回はナウで来てくれているワーホリ参加者の子の体験内容を一部ご紹介します。

お仕事体験の内容を一部ご紹介!

今回来てくれたのは、
ワーホリ参加者のフーカさん。

英語ペラペラ大学の英語ペラペラ学科で流暢な日本語をペラペラ話す学生生活を過ごしています。

この日はアップルライン復興プロジェクトの重要な会議とぺちゃくちゃナイトというプレゼン大会に似たイベントがあったので、代表の徳永と共に潜入してくれました。

事前にフーカさんには
「会場内にいるっぽい写真を自撮りとかで撮っておいてくれー」
と頼んでおいたので、その様子を送ってくれました。

代表の徳永が自撮りに乱入してくる写真が送られてきました。

いやあんた写り込まなくていいんですけど、
むしろ写り込まないで欲しいんですけど。

徳永も登壇してプレゼンするようなので、
「一応プレゼンの様子写真撮っといてー」
とお願いしてみました。

めちゃくちゃ傾いた写真が送られてきました。

徳永とプロジェクターがマイケル・ジャクソンのように傾きながらプレゼンするという斬新な演出があったんだと思います。
あんたは一体どこへ向かっているんだ。

2日目は雨が降りそうだったので、
事前に僕が雲を晴らしておきました。
その時の写真を載せて置きますのでご査収ください。

テレビの取材が入りながらですが、
木に付けるお薬を塗ってもらったり、
チェーンソーを運んでもらったり、
無駄な枝をノコギリでギコギコ切ってもらったりしました。

ワーホリで地方生活体験しよう!

今回ご紹介したのはアップルライン復興プロジェクトで体験できる業務の一部ですが、他にも企画会議に一緒に参加したり、木を切ったり、発送業務を手伝ったり、木を切ったりします。

アップルライン復興プロジェクト以外にも様々なプロジェクトをご紹介しているので、気になる方はぜひサイトをチェックしてみてください。

▶ワーホリ@ながののサイトを見る!◀

そして私達フルプロ農園の加工品が気になる方は…

ここで買える!!!!

▶ジュースのご購入はこちらから◀

▶ジャムのご購入はこちらから◀

▶シードルのご購入はこちらから◀

よろしければぜひお試しあれ。

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

産地直送!農家からの贈り物!

農家から直接果物を買いたい!子供も安心して口にするものが欲しい!見た目より味でしょ!そんな方におすすめしたいモノ、ここにあります!果物は当然のことながら、ジュースもジャムも新鮮な青果から作られた自信作が勢揃い!この機会にぜひ食べてみては?


長野産地直送商品を見る

コメントを残す

*